インプラント治療のご案内

インプラントについて

インプラントとは

虫歯や歯周病、事故などで実際に歯を失ってしまうと、十分に食事を楽しめることはもちろん、見た目や様々なものを失ったことに気づかされるかもしれません。

従来の治療では、『ブリッジ』や『入れ歯』が適用されることが多く、『違和感を感じること』や『堅いものが噛めない』、『口を開けて話すことや自然に微笑むことができない』ということもありました。

インプラントは、人間の生体に対して安全性の高い人工歯根を埋め込み、歯冠と歯根の両方を再生する治療法ですので、このような問題を抱える患者さんに最も適した画期的な治療といえます。

インプラントの素材について

インプラントの素材には、現在では『チタン』が用いられていインプラント写真1ます。

世界中の様々な研究結果から、チタンという金属が最も『生体親和性』があり、良いとされています。

チタンという金属は、外科などの医療現場で骨折の固定ボルト等、ごく当たり前に使われている体に安全で最もアレルギーの少ない金属です。

1950年代初頭にスウェーデンのブローネマルク博士によって、純チタンが骨の組織とよく結合することが発見され、そのプロセスを『オッセオインテグレーション(osseointegration)』と名づけられました。

オッセオインテグレーションを採用したインプラント施術では、チタン製インプラントの歯根は徐々に骨に固着し、抜けた歯の周囲の骨の喪失が抑えられ、また、回復してくる事さえあります。

インプラントのメリットについて

インプラントのメリットは、主にかみ合わせの力(咀嚼能力)回復が可能で、歯を失う前と変わらない食生活を送ることが出来ます。

また、自分の歯に近い自然な外観を保持でき、適切なケアによって長期的に使用することが可能です。

即日インプラントについて

即日インプラント治療とは、手術したその日から食事が出来る画期的なインプラント治療法です。

従来の治療の場合、術後3〜6ヶ月間の治療期間を置かざるを得ませんでしたが、即日インプラント治療法では、検査を終えたあと、一回の来院でインプラントの埋め込みから植立まで、そして人工の歯の装着までを行うことが可能です。
詳しくはこちらのページをご覧ください。


欧米のほとんどの国でインプラントはスタンダードな治療です。

インプラント治療は37年前、北欧で開発されたものです。方法自体は歯インプラント写真2が抜けた後、人工の歯根を深く埋めて、その上に歯をつけるという単純なものですが、人工歯根に使われる素材が骨としっかり同化しなくては意味がありません。その素材がなかなか見つからず、チタンという金属が一般的に普及したことで一挙に画期的な治療法として認知されました。今ではインプラント治療は歯への関心が高い欧米各国で、ごく普通に行われています。もし歯科医が患者さんに、治療法の選択肢としてインプラントを提示しなければ問題になるほどです。高齢化がすすみ、さらに人生と本質的に豊かに生きたいという人々が増えてきた日本でも、インプラント治療が急速に普及しています。


インプラント治療の流れ


STEP1 診査診断と治療プラン

模型やレントゲンなどによる十分な診査診断を行い、患者様のための治療プランをいくつか提案します。 この時にインプラント手術の内容、治療期間、費用など詳しくご説明いたします。


STEP2 インプラント手術

患者様個人に応じたインプラント体を選択、歯がない所へ植立する一次手術を行います。。手術時間は本数にもよりますが1時間前後で終了します。術後の痛みは、個人差がありますが、ほとんどの方は一日二日で楽になります。


STEP3 人工歯の取り付け

一次手術後、インプラント体が顎骨にしっかりと結合するまで2ヶ月~6ヶ月ほど待ち、その後、インプラント体の頭部を歯肉の上に露出させる2次手術をする場合があります。インプラントの上に土台を取り付け、その土台の上にセラミックなどの人工歯を取り付けます。


STEP4 インンプラントのメンテナンス

インプラント治療後は正しいホームケアを行う事とともに、定期的に歯科クリニックでのプロフェッショナルケアが非常に大切です。インプラントを少しでもより長く、より良い状態で使っていただくためには、3ヶ月~4か月に1回は定期検診と共にプロフェッショナルケアを行う事をお薦めします。


当日の治療の流れはこちらのページをご覧ください。

All-on-4(オールオンフォー )

All-on-4(オールオンフォー) インプラント治療にかかる費用を抑えたAll-on 4

All-on-4

~総義歯(総入れ歯)に変わる画期的な最新のインプラント治療~ 埋め込む手術が一般的従来、総入れ歯をお使いの方や多くの歯を失った方にインプラント治療を行う場合、骨を移植したり、インプラントを入れる数も10~14本でした。 そのため手術時間が長くなり、術後の腫れ、痛みも大きく、費用も高額になるという欠点がありました。

All-on-4コンセプトの治療法では、インプラントを骨のある部分に均等に埋め込み、力を均等に配分することにより、最小4本で12本分の人工の歯を支えることが可能になり、 インプラント治療のデメリットである「治療期間」「経済性」「審美性」「外科的侵襲」などの患者様にかかる多くの負担を軽減した治療法といえます。

All-on-4は埋め込むインプランントの数が最小4本、骨の移植なども必要ありません。

抜歯からインプラントの埋め込み仮歯の装着まで、1日で行うことが可能になりました。 つまり、今まで使用していた歯や入れ歯が手術当日まで使え、その夜には新しいインプラントで支えられた仮歯で食事をとることができるのです。


【All-on-4(オールオンフォー)によるインプラント治療のメリット】

・治療当日より食事が可能になります。 ・歯のない期間がありません。 ・最小限のインプラントの本数(4本の)で治療可能 ・従来の治療法と比較して費用負担が少ない ・治療回数・期間が極端に短い(即日で終了する) ・腫れや痛み治療時間を軽減できます。


【All-on-4(オールオンフォー)治療の対象になる方】

・総入れ歯の方、入れ歯の調子が悪い方

・多くの歯がなく、残っている歯もグラグラになっている方

・現在入っているインプラントの調子が悪い方

患者様個人個人で必要な処置、可能な処置が異なります。
全てがHP記載どおりとは限りませんので、診査・診断の上ご説明させていただきます。